お歳暮を贈るときの時期や商品について

お歳暮とは日ごろお世話になっている方々への、感謝の気持ちを込めた贈り物です。贈る相手先は会社の上司であったり得意先などの会社づき合いが中心になり、新卒の人なら恩師やお世話になった先輩に贈ることもあります。新婚家庭であれば、仲人や婚礼に関わったお世話になった人たちへの、お礼の意味を込めて贈ることもあるでしょう。本来のお歳暮を贈る時期は12月の初旬から年末にかけてですが、最近では年末の多忙な時期を避けて、11月末から12月20日ごろまでに送り終わるのが普通になっています。

贈る商品の種類にもいろいろあり、贈り先の嗜好がわかっていれば相手が気を使わない程度のものを選びます。日常的に使うものの詰め合わせやハムや缶詰や地酒などといった、送った相手に喜ばれるような商品を選ぶことが大切です。最近では健康に気を使ったギフトをお歳暮用に選ぶ人が増えたほか、贈る相手先も会社関係や目上の人に限らず、友人や知人や親族などにも送る人が増えています。本来なら相手の上に訪問した上で、相手に直接手渡しするのが礼儀ですが、現在ではデパートや贈答品店での直送便を使うことが一般的になっており、現在ではそういった慣例が普通になっています。

お中元やお歳暮に限らず、送った人に喜ばれる商品を選び、一年間の感謝の気持ちを伝えることが大切です。日持ちのする商品以外に、お正月に使える生鮮食品を送る場合、より年末に近い時期に届くような気配りをすることで、贈り先への感謝の気持ちがより伝わるでしょう。お歳暮のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です