お歳暮を贈るときの注意点とは

お歳暮を贈るときの注意点として、お金がかかるものなので相手を絞る必要がありますが、意味合いから考えるとお中元を贈った相手には必ず贈るようにして金額も下回らないようにしましょう。お中元が半年間の感謝を伝えるものであるのに対して、お歳暮が1年の感謝を使えるものなのでお中元だけ贈ったり、安いものを贈るとおかしくなります。金額的に余裕がないのであれば、お中元の方を省略しましょう。喪中に関しては贈っても構いませんが、49日が過ぎる前であれば贈らせた方が良いでしょう。

時期が過ぎてしまう場合には寒中お見舞いとします。ただし、年明けからお年賀に当たる時期(関東では1月7日、関西では15日)に贈るのは不適切なので、これよりも遅くしなければなりません。元々お歳暮として選ぶ人は少ないのでそれほど気にすることはありませんが、縁を切ることを意味する刃物類、踏み付けることを連想させる靴などの足に身に着けるもの、勉強しろと言っているように思わせる筆記用具や鞄などは避けるべきとされています。相手側が必要としていないのであれば選ばない方が良いでしょう。

同様に失礼とされる商品券やカタログギフトは、実際には利便性が高いので受け取る側から最も求められているものです。相手の好みが分からないのであれば、合わないものを贈って不快な思いをさせるよりもこれを贈るのが無難です。ただし、気にする人もいるので目上の人に対するお歳暮にはしない方が良いです。お歳暮のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です